気分次第、風まかせ♪


by daityon

駄文 2

今日は木曜日ということで、今ではお馴染みとなったフットサルをしてきた。

風越公園の体育館に来るのも、早4ヶ月。

まだ夏の面影を残していたあの頃が懐かしい。

最近は少しずつメンバーとも打ち解けてきて、毎週が待ち遠しく楽しい☆

終わった後に飯を食いに行くこともあって、そこでのやりとりがまた楽しみだったりする。

で、今夜も終わった後に弁慶という飲み屋だかラーメン屋だか蕎麦屋だかよく分からない所で、メンバーの一人とダベる。

ちなみに山菜蕎麦はなかなかのものだった。

いっそエビ天蕎麦にしたかったのだが、給料日前のこんな時期には「贅沢は敵」である。

むしろ外食などせずに、米と醤油で銭の大切さとひもじさを噛み締めるべきである。

大学時代の苦労を思えばそんなのはまだまだ序の口ではないかっ。

・・・社会人になっても貧乏臭さが抜けないのは何故だろうか。



ホントはもっと大人数で来たかったのだが、いかんせん結婚してる人が多い。

平均年齢26くらいだからか?

最近知ったんだけど、結婚してない奴の方が少なかったりする。

俺より1歳上の人(見た目は俺より確実若い・・・。最初フレンドリーに行こうと思って、同い年と思ったからタメ口で話してて、実は年上・・・で平謝りした)でも結婚してるし。

てか、俺より年下3人くらいしかいないみてーだし・・・。

つーより、土地柄なんかもしれねぇ。

それより、単にステディな女性に恵まれた方が多いだけか?

・・・いや、それはない(と思いたい)。



とまあ、そんなこんなでシングルな二人は、今宵も思い出話と恋愛話と合コン話に夢を馳せるのだ。

チーム中最年少組なのに、何と非建設的なことか。

涙が出る。

若者がこんなんではいけない。

boys be ambicious。

ちなみにambiciousをanbiciousと勘違いすることが多いらしいので気をつけるように。

・・・どーでもいい。


「まだだ。まだ終わらんよ。」

赤い彗星にそう言い聞かせて欲しい気分だった。
[PR]
by daityon | 2006-01-27 05:22 | 不定期日記